介護職という選択

介護職への就職を選択する方へ。現役デイサービス施設長からの情報提供

介護施設の業務内容

介護施設そもそも介護職志望の方が就職する、介護施設とは何をする所なのでしょうか。その業務内容を説明したいところですが福祉業界全般の業務内容なんて広すぎますし、自分の勤めている所と関連しない所について「見て来たような」説明は書けません。高齢者の在宅介護にピントを合わせます。高齢者の介護施設の求人が多いので介護の職探しに参考になる方が多いと思いますし。
かなりはしょります。介護職って何をするんだろうと言う方に向けですのでざっと。専門家や同業者の方が見たらぎょっとする位まで高齢者介護施設を単純に説明しますが雰囲気をつかむ程度にしているとご理解を。

まずはケアプラン

高齢者がいます。身体的、精神的に問題を抱えておられます。いくつかの機能が低下してしまい、生活が成り立たないとします。成り立たないのは食事ができない、入浴ができないため清潔を保てない、孤独等々の問題があるとします。
そこでまず登場するのはケアマネージャーという方です。ケア=介護をマネージメント=管理する人と直訳できます。高齢者の問題をとらえ、どの福祉サービスを利用するといいかを計画します。これをケアプランと呼びます。低下した機能をどう補うかという所と低下した機能をどう回復させるかがポイントとなります。そこ含まれるであろうサービスについてざっと説明します。

訪問介護

いわゆるヘルパーの派遣を行う介護施設です。高齢者のお宅にヘルパーが行ってお手伝いします。食事の準備ができない、お家の片付けができない、買い物に行けない等々をお手伝いします。また排泄が一人でできない、入浴をする事が危ない、一人で食事ができない等々のお手伝いもあります。また、散歩や体操等のリハビリ的お手伝いもあります。

福祉用具

身体状況の低下した方に便利なように工夫されたベッドや車いすや杖等々があります。どんな物を使ったらその方の生活が便利になるかを提案します。ちょっと介護施設というイメージから遠くなりますけど。

通所介護

ご自宅でのサポートとは異なり、施設に通う事になります。高齢者は出かけて行って入浴、食事、リハビリ等を受ける事ができます。また同じような境遇の方が集まりますので交流を楽しむ事もできます。私が責任者をおおせつかったのがここ。デイサービスです。

短期入所生活介護

通所介護は通いの施設ですがこちらは泊りの施設です。特別養護老人ホームや介護老人健康保険施設(略して老健)に短期間泊る事ができます。

この他にも訪問リハビリや訪問看護、訪問入浴等もありますが、介護職に就職すると言う視点から省略します。リハビリはPT・OT、訪問看護は看護師の資格が必要です。訪問入浴は求人の数も少ないので。

ケアプランではこれらの組み合わせになります。体を起こすのが大変だから電動ベッドを使ってもらおう。食事準備が大変そうだからヘルパーさんに行ってもらおう、散歩もしてもらおう。週に何回かデイサービスを使って入浴、リハビリ、他の利用者と交流してもらおうという感じになります。

介護施設の業務内容

各施設は計画します

このケアプランを受けた各施設はさらに詳しい計画を立てます。問題を抱える高齢者に自分の施設は何をできるかです。しっかりと問題を把握しどんなサービスが適切であるかを熟考します。

各施設は計画を実施します

ここで介護職の出番となります。自分の施設の立てた計画に沿った介護を行うのです。介護職の仕事は思い付きとか雰囲気でするのではなくてこの計画を実施する事です。

計画は修正されます

漫然と計画に従って介護し続ける訳ではありません。利用者の状態は介護やリハビリが進んだり、病気や老化の進行によって良くなったり悪くなったりします。そうなると計画を作った時と状況がどんどんとずれて行き、修正する必要が出てきます。修正のためには何が必要か、客観的に利用者の状態を判断しなければなりません。そのために介護職の大事な役割として観察と報告があります。客観的報告によって計画は修正されます。修正は微調整だったり大改修だったりします。施設からはケアマネージャーに状況の変化を逐一報告、その結果ケアプラン修正もあります。

”かんり じんじ”の考える介護施設の業務内容

かんり じんじ施設はケアマネージャーの作ったケアプランに従って個々の利用者にふさわしいサービスを提供します。と、書きますと介護施設はケアマネージャーの下請けのように聞こえますがそうではありません。あくまでサービスを提供する主役です。時間が経つと状況はどんどんと変化しますので提供するサービスをふさわしい物に変更します。勝手にサービスを変更すると他の施設のサービスとつじつまが合わなくなる事があります。そこで報告を挙げてケアマネージャーにサービスの交通整理をしてもらいます。
施設の業務内容とは。一人の利用者を取り囲むようにして張り巡らされたサービス網の一つとして介護を提供、現在の機能を補い、低下の防止と向上を行う事です。最終的な目的は利用者の生活を守って行く事になるのです。介護職を選択し、介護施設に就職しようと考える方はここは押さえておいてほしいです。やみくもに介護すりゃいいんだろうではなく、施設の目的を踏まえて計画を推進するのだと思っていただけましたら。

 - 介護職に知っておいてほしい事