介護職という選択

介護職への就職を選択する方へ。現役デイサービス施設長からの情報提供

面接に当たって注意したい事

介護職面接介護職を選択し、応募する事になったとします。採用者目線でその時に用意しておいてほしい事、考え置いて欲しい事を挙げてみます。このサイトを読んでおられる方は異業種からの転職でしょうか。子育てがひと段落した専業主婦さんでしょうか。バイト生活からの脱出でしょうか。就職前に面接と言うハードルがあります。面接では自分をアピールする場であり、採用したらしっかり働きますと言う決意を見てもらう場です。逆にこの会社は自分にできる仕事がちゃんとあるのか、無茶な要求をするのではないかを見極める場でもあります。面接者と採用者で条件面でのお約束を交わす所も大事です。まずは面接中に不利な事は避けて、等身大の自分を見てもうためのポイントがいくつかあります。

面接の時の服装

スーツで行きたいところです。介護職は事務職ではありませんからカジュアルでもいいように思われそうですが、無難にスーツの方がよろしいと思います。どんな人が面接してくれると思いますか?自分より若い主任さんクラス?お年を召したオーナーさん?人事部長さんと介護責任者さん?お年を召した方だったら穴のあいたズボンとかは理解できないでしょう。性格がきっちりした面接官だったら個性を前面に打ち出したファッショナブルなスタイルは不快に思うかもしれませんね。そもそもどんな人が面接するかはわからないでしょうからきっちりした印象のスーツが無難です。

スーツ着用だったら後はどうでもいいか?それはダメです。身だしなみはきちんとしておきたいです。男性の無精ひげ、女性のセクシー過ぎる格好、きつすぎる香水、ネイル、厚化粧、髪の色、髪型等々。だらしなさそうなスタイル、不潔感、過度のきらびやかさは厳禁です。初めての人に会って面接と言う大事な用事をするのです。それにふさわしい恰好はどうだろうと考える力、常識が身に備わっているかのバロメーターになります。

履歴書、職務経歴書

大体面接ってどういう目的の物でしょうか。応募者と求人者は知らない同士。採用する側からすると「こいつはまともなやつなんだろうか」、応募する側からすると「ブラック企業じゃねぇよな」と心配な事はいっぱい。まずはこれ以上なくフォーマルな自己紹介から始まります。
履歴書を持って行かないという非常識な人もいるとか。募集要項に書いていなかったから要らない?それは当り前の事だから省略されているだけです。私はどんな学歴があってどんな仕事をしてきたかをこれから勤めるかもしれない会社に説明するための資料です。口頭ではいくら上手に説明しても相手に説明し切れるものではありません。これを持って行かないなら問題外です。自分を紹介するつもりがない物とみなします。

職務経歴書はさらに細かく書くのです。仕事をしていて何を成したか、どんな実践的経験があるかを見る事ができます。職歴がないよって人でも作って邪魔にはなりません。アルバイトでもその期間中どんな事を考えたか、何に一生懸命だったかが見えればアピールポイントになります。

この2つの書類は書き方も重要です。履歴書では何の資格を持っているか、最終学歴を見ます。何回転職しているか等々が見えますがそれはそれだけ、職務経歴書も自分がかかわった業界でなかったら書いている内容も細かいところまでは理解できるものではないです。
ただ内容以外の所は非常に参考になります。誤字脱字はないか、文章力はどうだろう、文面の乱れはないか等々。さらに扱いがていねいか、汚れていないか、不採用になって返って来た物を流用してないか等々はチェックできますので。

書き終わったら。これから先、一生勤めるかもしれない所に提出する書類にふさわしいかと言う視点で見直してほしいです。雑だったらうちの会社は本命ではないと判断するかもしれません。

これらの書き方はハローワークで。資料が用意してあったりセミナーがあったりします。コツとしては空欄を作らない事、特に志望の動機とか決まった書式のない所は自分をアピールするための大事な所だと考えましょう。

うそついていいか?

常識的に言うとダメです。そうでもないのに「自分を几帳面だと思っています」と言ったとします。で、採用されたら後々つらい事になるかもしれませんから。でも物は考えよう。退職するまでばれなかったら?きっと会社の人は全員、○○さんはきっちりした人だったと言うでしょう。
だますつもりだったり、できもしない事を口走ったらダメですが、がんばったらできる位の事なら努力目標として宣言しても良いと思います。もちろん几帳面な人がそんな恰好するか?履歴書から几帳面さがまったく感じられないけど?なら勤める前にばれてしまいます。なにしろ就職の面接をしてもらうのは一生に何回もありませんが面接する側は何人も面接してますから慣れた物ですよ。

自分の欠点を克服するチャンスとしたいとか、新たな自分を発見して行きたいとか、限界に挑戦したい等々なら無難かもしれません。でも、私が面接の場に立ち会っていたとします。具体的に説明をして下さいと言うと思いますので、しどろもどろにならないでください。・・・いぢわるでしょ。

面接側からは設立時のエピソードとか経営の理念を長々と説明をするかもしれません。それはうそではなくても実態からほど遠いこともありますからおあいこだと気楽に思ってもらったら。

条件を合わせる

好人物が面接に来た。それは非常にうれしい事です。好人物でなかったとしても、これで人手不足が解消するって思ったら、過大に期待してしまうのは人情です。自分を売り込み、相手の事を知る以外にも面接にはお互いに確認しておきたい事もあります。

面接中に応募者の家族関係の事を聞くのは個人情報的にタブーではあります。でもこれは聞いておかねばなりません。女性で子供小さいです、と言われれば残業は無理かな?保育園の送り迎えがあるかな?子供の病気で急に休むかな?もう一人子供ができるんじゃないか?とそんな事を心配します。採用形態はパートにしようとかを考えます。正社員を希望される方には期待はずれになるかもしれませんが、常勤の責任を負わせるは酷じゃないかと思うからです。そうでなければ、母が家に常にいますし、孫の世話は喜んでしますよ、主人の夕飯の準備も私がしなくても大丈夫。それよりガンガン働きたいのですと状況を説明しましょう。

うそは一概に悪くないと言いましたがここでのうそは致命的。仕事を続けられなくなりますからご用心。でもこちらとしても全面的に信用してしまうと取り返しがつかなくなります。一応パート採用、正社員登用ありなんて条件を付けるかもしれません。

パートだったら週何回、何時間勤務可能かとか、扶養の範囲を超えないようにしたいとか、残業は多少ならできるとかそんな条件はしっかりと言ってお互いが求める物が一致できるところをすり合わせましょう。

不利な話はすべきか

ここに応募するまでニートでしたとか、持病があります等のご事情のある人。これは隠さない方がよろしいかと思います。採用する側としても完璧な人がたくさん集められるとは思っていません。訳ありだったらそれに配慮できる事もあります。週の半分勤務の人が2人いたら大丈夫だとか、取り急ぎ午前中に人手を集める事が最優先だとか、採用側にも事情があります。もっとも、いずれ責任者になれる人が欲しいと思っている場合もあります。このあたりもお互いの事情のすり合わせでしょう。絶対に大丈夫な人を採用したい所は本音です。大丈夫かと心配したけど採用してみたらしっかり働けていると言うならうれしいです。

てんかんの持病のある人が仕事で車を運転して事故になったと言うニュースがありましたが、こんな事態は避けたいのです。仕事柄、死傷者が出る可能性は高いのです。

最後はお約束

面接がうまくいって話がまとまって来たとします。こうなると後は互いに約束をする事になります。給料はこの金額だとか、週に何日来てねとか、車の運転は苦手だから練習の時間を下さいとか。

暗黙の了解もありますから要注意です。遅刻するなとか、出勤簿はしっかり書けとか。採用側としてはそんなことは常識でしょ?説明する必要ないですよねって。応募さんとしては大丈夫ですか?もし心配ならそのような本も売っているか探して見るといいでしょう。

”かんり じんじ”が面接について考える

かんり じんじ慣れていない人にとって面接って緊張すると思います。ハードル高いって。実はそんなに緊張するほどの物ではありません。ありのままを出し、プラスアルファで自分を売り込めばよろしいかと。問題は運良く採用されてから。面接は満点でしたが仕事はできませんでしたと言うのは最悪。ぎりぎりで合格だったとしても働く事はできるのですから挽回のチャンスはいくらでも。むしろ働き出してからの方が大事です。

落とすための面接も存在します。いい条件の求人で競争率が高いと優秀な人を採りたいと思いますから、まずはダメな人順に切って行く事はあります。書類選考で落とされて面接がないかもしれません。そんな応募でないなら不要に硬く考える事はありません。

ちょっと一般論過ぎたか?でもこのような面接ってオーソドックスになります。即戦力になる専門家を探しているとしたら知識やスキル等を掘り下げる採用試験のような話になるのですがそうでなければ、人柄や、常識の有無、労働条件の話中心になるのです。

 - 介護職に応募する方へ