介護職という選択

介護職への就職を選択する方へ。現役デイサービス施設長からの情報提供

福祉の仕事に転職するのに良い資格

福祉の資格福祉の仕事に転職したい。そんな時に持っていたい資格とは?転職活動に行き詰った時、取っておいて有利になるであろう資格を挙げます。資格取得にはそれなりの費用、時間がかかります。これは面接の時のアピールポイント。福祉の仕事に転職する気が満々、なんとなく応募しているわけではないとも言えます。資格を取るために時間を使ったと言う所、本気度を面接の時に見てもらいましょう。とは言え、持っていれば転職がすぐなんて言う万能薬のような物ではありません。ただ大量に履歴書が届いた時、面接の優先順位を考える時に資格欄に目が行ってしまうのはご理解ください。

介護職員初任者研修

ホームヘルパー1~3級の資格が一元化されて生まれた資格です。基礎的に介護を学ぶに最適です。福祉の世界に転職を考える時、福祉って?介護って?全くの未経験の方が入門として学ぶにはよろしいかと思われます。

研修の内容

130時間の講習・演習となります。研修は様々なスクールがあります。また職業訓練としての講習もありますので失業保険をもらえる方なら受講できます。失業を機会に介護業界への転職をお考えの方は一度問い合わせるとよろしいでしょう。

取得後はどうなる

介護職員初任者研修を終えていなければ訪問介護の仕事はできません。いくら希望してもどうしようもありません。車の運転免許のイメージかも。

特別養護老人ホーム、老健(介護老人保健施設)、通所介護施設(デイサービス)等には必須ではありませんが無資格の方より就職は有利になります。それは当然。資格とれるまで勉強しましたって人の方が、これから勉強しようと思っていますと言う方より本気度が高いと面接側は判断します。ただし、明らかに「しょうがないので取った」と言う方。非常に取りたいけど状況が許さず、いくら苦労しようと働きながら取りたいと言う方。比べてみて情熱が感じられたらどうなるかは言うまでもありません。

福祉用具専門相談員

福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられています。福祉用具貸与・販売事業所は高齢者を福祉用具(障害のある方に最適に使ってもらえるように工夫された補助の道具)でサポートします。選び方・使い方をアドバイスる専門職です。

研修の内容

50時間のカリキュラムを終了する必要があります。スクールもありますし、職業訓練としても開講されていますから、失業保険を受給されている方にはよろしいかと。

取得後はどうなる

福祉介護用具販売事業所への転職は有利になります。2名以上の配置が義務付けられていますので欠員ができたら補充が必要になります。

その他にドラッグストア・スーパー、ホームセンター等の介護福祉用品コーナー担当があります。

社会福祉主事任用資格

生活相談員という職種があります。介護職と違って文字通り相談業務が中心となります。生活相談員になるための資格としては社会福祉士、精神保健福祉士と社会福祉主事任用資格のいずれかになります。これから福祉の仕事をしようという方が社会福祉士、精神保健福祉士を取得しようと言うのはかなりの困難ですが社会福祉主事任用資格については「知らない間に持っていた」という事があります。それは専門的に勉強する他に、大学等(短期大学を含む)において社会福祉に関する科目を3科目以上修めて卒業した者となっています。その科目とは○○福祉・・・と言ういかにもな科目の他に、法学、民法、経済学、心理学、社会学等は社会福祉の学部外でも一般教養で取っていそうです。自分は持っていないかって一度調べてみてはどうでしょう。

研修の内容

私、持っていましたという人も多いかも。持っていないのでこれから取得しようとすると通信教育1年、または22科目を1,500時間の養成機関を終了する、19科目、279時間の講習を修了するとなりますので、転職に切羽詰まった方には向きません。調べてみましたが職業訓練としては本日現在ないようです。

取得後はどうなる

各施設の生活相談員となります。生活相談員を置く施設は特別養護老人ホーム、デイサービス、病院等になります。相談業務という性質から管理的業務も担当する可能性も高いです。

”かんり じんじ”の考える持っておきたい資格

かんり じんじ私が面接するとしたら上記の3資格は採否を考慮するポイントになります。と言っても私はデイサービスの責任者。福祉用具専門相談員については専門外のような物で直接影響はありませんが資格には「取るために勉強した」と言う熱心さの現れのバロメーターともなります。デイサービスの介護職は資格がないとできないと言う物ではありませんから持っていないと即不合格って事はありません。基礎知識があるかどうかの判断になりますが、基礎知識はデイサービスの現場で必要のない知識も含まれ、勤めれば身に付く物です。資格を持っていればその説明が省けると言う物でもないのですから「持ってなければ門前払い」的な事はありません。どちらかと言うとそれをどうして取ろうと思ったか、勉強中に何を思ったか、取った後に自分がどう変わったか。そんな所を質問してみたいと思います。

資格と言えば色々あります。入門用としては取得に困難すぎる、初心者が取れない資格もあります。ご参考までにリストアップしておきます。

国家資格

国家資格になりますのは3つになります。

社会福祉士

福祉に関する相談援助の専門家です。施設や病院、地域包括支援センターという所で相談業務に当たる時に活用できる資格です。

介護福祉士

介護の専門資格になります。ホームヘルパー、施設の介護職員として勤務する時に役に立つ資格です。

精神保健福祉士

精神保健福祉分野の専門家の資格です。精神科医療機関、保険諸等々で相談援助業務にあたります。

介護支援専門員

ケアマネージャーの業務を行う時に必要な資格です。介護サービスの全般を知った上でお客様に最適なサービスを選択してケアプランと言うサービスの適用計画を作成します。計画したサービスの進捗を管理したり、時間とともに変化するサービスの必要性を把握して再計画をする仕事になります。

国家資格、介護支援専門員は学校に通ったり福祉の現場の経験が必要だったりしますので介護の世界へ転職したい方が入門のために取ると言うのは現実的ではありません。介護の世界で生きると決めた方が目指すべき資格となります。スキルアップ。将来的な目標となります。同僚、先輩がどんな物を持っているか、目指しているかを参考にされるとよろしいでしょう。

 - 介護職に応募する方へ